妊娠を回避するための避妊薬の服用方法

低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合された経口避妊薬です。服用すると、身体が妊娠しているのと似た状態になるため排卵が抑制されます。また、受精卵の着床を妨げる作用や、精子が子宮内に侵入するのを防ぐ作用があります。これらの作用によって、経口避妊薬を服用することで避妊を回避できるのですが、そのためには正しく服用する必要があります。
低用量ピルは、毎日1錠ずつを同じ時刻に服用します。これは体内のホルモン濃度を一定にするためです。毎日飲みやすい時間を決めて、洗面所やベッドサイドに置くなど、生活に組み入れ、飲み忘れのないように工夫してください。
低用量ピルには1シートに21錠入っているタイプと、28錠タイプの2種類あります。いずれも生理開始日に飲み始め、21錠タイプでは21日間飲み続けてシートを終えたら、7日間の休薬期間を取ります。28錠タイプは、最後の7錠が偽薬で薬の成分が含まれておらず、偽薬を服用している期間が休薬期間になります。休薬期間中に消退出血と呼ばれる生理が起こります。出血が続いていても、7日間の休薬期間が過ぎたら、新しいシートに移ります。
飲み忘れた場合、12時間以内に気づいたら、その時点で飲み忘れた分を服用すれば、避妊効果に影響はありません。12時間を超え、24時間以内に気づいた場合には、その時点で飲み忘れた分を服用し、次の錠剤はいつも通りに飲みます。避妊効果が低下しますので、1週間は他の避妊手段と併用してください。飲み忘れが24時間を超えた場合には、避妊効果はありませんので、いったん服用を中止して、次の生理を待ちます。生理が始まったら、新しいシートの1錠目から飲み始めます。
■緊急時の妊娠の回避に
アイピル
■避妊に失敗したらすぐにアフターピルを服用する
アフターピル
■生理痛の緩和にもなる避妊薬の成分です
デソゲストレル

ページの先頭へ戻る