• 過多月経に効果的な避妊薬の体重への影響は?

    2016年7月13日

    避妊薬は黄体ホルモンと卵胞ホルモンを混合したホルモン剤で、配合量を調節して高用量、中用量、低用量と分けられています。高用量と中用量は体への負担が大きいことから、治療用に使用されますが、低用量は毎日でも服用することができることから、月経周期に合わせて継続して飲むことで、排卵を抑制して避妊を成功させます...

    記事の続きを読む