過多月経に効果的な避妊薬の体重への影響は?

避妊薬は黄体ホルモンと卵胞ホルモンを混合したホルモン剤で、配合量を調節して高用量、中用量、低用量と分けられています。高用量と中用量は体への負担が大きいことから、治療用に使用されますが、低用量は毎日でも服用することができることから、月経周期に合わせて継続して飲むことで、排卵を抑制して避妊を成功させます。正しく使用すれば成功率は99.9%とも言われており、高い確率で避妊が成功するほか、子宮内膜を厚くさせずに生理時の出血を抑える作用や、ホルモンバランスを安定化させることで生理前などのPMSや生理時の出血における貧血、その他にも様々な良い効果が現れます。一定のタイミングで生理を起こすことができることから、生理不順の人にもコントロールがしやすく、毎月のスケジュールが立てやすくなるという利点があります。また、何かしらの理由で経血量が増えた過多月経でも改善効果が見られることから、避妊以外の目的で使用する人も多いようです。避妊薬を使用すると太りやすいという報告がありますが、実際には避妊薬のそういった効果はありません。要因となる食欲増進、むくみが発生するため、対策をしっかりしていれば体重の増加は防ぐことができます。避妊薬はホルモンバランスが妊娠した時と同じようになるため、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。基本的には食事制限をすれば太ることはないので、食べる量を調節するようにしましょう。また、腹部などにむくみを生じると水分が溜まって体重が増える結果となるので、軽い運動やマッサージをすればむくみを解消できます。太りすぎると血栓症のリスクが高まることから、医者に厳しく指導されることもありますが、自己管理さえしっかりしていれば体重の増加はコントロールできます。

ページの先頭へ戻る